アメリカ留学
スペース
 

カルチャーショック

アメリカに留学した当初の学生は精神的にも肉体的にも不安定になりがちです。以下の項目で該当するものが5つ以上ある場合、それはカルチャーショックかも知れません。

必要以上に手を洗うようになった(神経質になった)
何をするにも気力がわかない
見捨てらたような頼りない気持ちになる
何か自分が騙されているのではないかと怯えた気持ちになる
まだそれほど月日が経っていないのに母国や母国の友達が懐かしくて仕方がない
頭痛、胃痛、吐き気など体調不良が続く、ひどく疲れる
なかなか眠れない、あるいは極端に寝坊になった
慢性的な不安感がある
周りのみんなが自分を奇異な目で見ているような気がしてしまう
これから何をしていけばよいのか考えがまとまらない
ちょっとしたことに警戒心が高まってしまう
アメリカや学校に対して怒りにも似た感情を覚える
自国出身の学友にかなり頼ってしまっている
この学校で良かったのかと疑問を感じる
アメリカに来たこと自体に疑問を感じる
英語を話すのが億劫で人と遭いたくなくなる

いかがでしたでしょうか? もしあなたがたくさん当てはまっていたとしてもご心配は要りません。カルチャーショックはほとんどの人が通る道で、それを乗り越えた時が留学生活の本当のスタートです。

カルチャーショック下にある状況では即断即決を出来るだけ避けましょう。到着して3カ月もしない内に留学を中断する、転校する、引っ越しをするというような大きな決断をするのは大抵の場合、良い結果にはつながりません。精神的に不安定な状態での決断であるためです。すぐに決断するよりも、まずはあなたが不満に感じていることについてじっくりと考えてみましょう。

例えば留学して1カ月目のあなたは、学校の授業が意外に文法重視であること、思いの他会話力が伸びていないことが不満でこの先に不安を感じているとしましょう。そんな時はよく考えてみて下さい。1カ月で飛躍的に会話力が向上するでしょうか? 自分は英会話だけを学びたかったのでしょうか? 文法というものは言葉を覚えていく上でおろそかにして良いものでしょうか?

もしあなたが1カ月で飛躍的に会話力が向上して当然だと感じ、自分が学びたかったことは英会話だけであり、文法は言葉を覚えていく上で不要だと感じるのであれば、その時は確かに留学という選択はあなたにとって間違いだったかも知れません。しかし、多くの方はそうではないはずです。あなたは1カ月で飛躍的に会話力が向上しないことも分かっているはずですし、自分が英会話だけを学びたかったわけではないこと、英文法が重要であることも心の底では判っています。

その場合、今度は、この状態が長期間続くものなのかという点について冷静に考えてみて下さい。会話力が向上しないという状態は留学中ずっと続くでしょうか? あなたはずっと英会話を学びたいと思い続け、それでも学校では文法の授業だけが提供され続けていくのでしょうか?

学校の友達と馴染めない場合も同様です。自分が学校の友達と馴染めない原因は全て友達の側にあるのでしょうか? そもそも学校の友達とは馴染まなければならないのでしょうか? あるいは、この先ずっと友達と馴染めない状態が続くのでしょうか? 新しい生徒がどんどん入学してくる語学学校の中で、誰が来てもあなたは馴染まないのでしょうか? そんなことはないはずです。

この"そんなことはない"ということを理解することで気持ちは楽になり、心に余裕ができてきます。心に余裕ができてくると自然とカルチャーショックを脱していきます。留学生活の本当のスタートでもあり、人間的にも大きく成長しているはずです。

 

無料留学相談はこちらまで
メール

キャッシュパスポート


・ スポンサードサイト

・ 当社の主なサービス

・ アメリカ留学 (トップページ)
・ アメリカ語学学校一覧
・ 留学手続き代行サービス
・ 学生ビザ申請サポート
・ アメリカ語学学校検索
・ アメリカ留学カウンセリング

・ その他のサービス

・ ホームステイ先へのお土産
・ 英文校正&英訳
・ 入学願書診断
・ 海外への電話代行
・ アメリカ語学学校カタログ配送
・ 留学保険の資料を無料請求
・ 海外レンタル携帯電話
・ サイトマップでもっとチェック

・ スポンサードサイト

Valid XHTML 1.0 Strict 正当なCSSです!

リンクフリー

 
スペース