FLS オンライン留学

FLS オンライン留学

2001年の5月から2003年の5月まで、丸々2年間、当時現役の留学生だったトシエさんが MIYACO に寄せて下さった日記です。当時から大分月日が経ちましたので、現在のアメリカ留学・生活事情にそぐわない箇所もありますが、当時の貴重な記録として、また、ひとつの読み物としてお楽しみ下さい。 【目次はこちらです】

  • LINE で送る
  •  

アメリカ式の約束事

#9. (2001年06月20日)

は~、今日最初のテストが終わりました。この短期間でむちゃむちゃ勉強した気がします。

でも勉強したわりには分からない問題がいくつか出て、「空白」はいやだったので何でも思いつくものを書きました。その中に「動脈にできる風船の様に膨らみ、破裂し、神経細胞に血液を撒くもの」というのがあり、どうしてもつづりも発音も思いつきません。答えは "aneurysm" なのですが、怪しげなつづりの下に、「動脈瘤」と漢字で書いておきました。先生が日本語を解する人であることを望みます(んな、アホな…)。後で友達につづりを確認すると、しっかり「日本人らしく」 "L" と "R" を間違ってました。

先週ちょっとすっきりすることをしました。

実は以前から洗面所のパイプが詰まっていたのです。洗面所にはシンクが2つあります。私とルームメイトとで分けて使っています。

ところが一方のシンクで水を使うと、なかなか流れないだけでなく、片方のシンクに同じ種類の水が(質、色ともに同じ)上がって来るのです。

私の方だけかと思っていたのですが、どうやらルームメイトの方も同じく詰まっているようです。

そこで事務所に電話をし、直してもらうように頼みました。それが先週の木曜日。事務所の人が「今メンテナンスの人がどこにいるか分からないから連絡して行かせる」とのこと。「いつ?」と尋ねると「多分、今日」。

でも、その日は私は授業があり、ルームメイトも出かけてました。夕方授業から帰ってきても、どうやらだれも来た様子はありません。そこで次の日もう1度連絡することにしました。

次の朝(金曜日)、事務所に電話すると、「あれ?だれも行ってない?じゃ、また連絡して行かせるわ」とのことでした。

私はアメリカでのこういう電話での会話をあまり信じてません。「そば屋の「今出ました!」」(でしたっけ?)ではないですが、信用しない方がいいです。

ルームメイトは、その日急きょカナダのトロントへ友達のところへ行くことになり、私は「もし今日の夕方まで待っても誰も来なかったら、自分でなにか買ってきて直す」と言っておきました。

彼女はトロントへ出かけました。夕方まで待っても誰も来ないので、スーパーにパイプ詰まりの「なにか」を探しに行きました。ボーイフレンドが「パウダーのがよく効く」と言っていたので、同じものかどうか分かりませんでしたが「パウダーもの」を買ってきました。「液体では届かないところまで洗浄」と書いてあったので、何だか効きそうだったので。

寝る前に作業に取り掛かりました。シンクが2つあるので、まず一方のシンクの排水口をテープでふさぎました。そうしないと、一方で流した水が逆流してくるからです。

まずお湯を1分間流すと書いてありました。でも、1分間も水を流すと詰まってしまうのです。たまった水が流れきるのを気長に待ちました。

そして排水口に丁寧にこのパウダーを入れ、そこへ16オンスのお湯を流すと書いてます。流し始めると、これがすごかったです。水とシンクに少し残ったパウダーが反応して、ぶくぶくとあわ立ち始めたのです。これがどうやら威力を発揮しそうでした。

同じことをもう1つのシンクに行い、テープをはがして、次の朝まで待ちました。この時間がどれだけ待ちどおしかったことか…。朝方夢にまで見てしまいました。一生懸命パイプを掃除している夢です。

朝になり、いよいよお湯を流してパイプの中の泡を流す時間がやってきました。「ジャ~…」水道のお湯を流すと「ぼこぼこぼこ…」という音とともにパイプは見事に洗浄されました!

すっごく気持ちよかったです! あ~うれひぃ~~。その日1日とてもすっきりした気分で過ごしました。

次の週の月曜日、リビングルームで試験勉強していると誰かがドアを激しくたたきます。「どなた?」と思ってドアを開けると、アパートのメンテナンスらしき人がなにやら怪しげな色の液体が入ったボトルを何本か提げて立っているのです。

「パイプが詰まったって聞いてるんだけど…」「もう自分で治したからいいです」「あっそ…」おいおい、私電話したの木曜日やで!

ま、アメリカでの生活というのは概してこういうもんです。ですから、何でも自分でできるようになります。きっと彼が持っていた液体はさほど効かなかったと思いますよ。

今週末は久しぶりにゆっくりしたいのですが、次のテスト勉強が待ってます…。ああぁ~…。【第10話へ】

ELS 一覧

ELS 一覧

サブコンテンツ

おすすめのサービス/情報

このページの先頭へ