EC オンライン留学

EC オンライン留学

2001年の5月から2003年の5月まで、丸々2年間、当時現役の留学生だったトシエさんが MIYACO に寄せて下さった日記です。当時から大分月日が経ちましたので、現在のアメリカ留学・生活事情にそぐわない箇所もありますが、当時の貴重な記録として、また、ひとつの読み物としてお楽しみ下さい。 【目次はこちらです】

  • LINE で送る
  •  

アメリカでのショッピング

#20. (2001年07月27日)

今日はアメリカでの「ショッピング」についてお話したいと思います。

昨日の夕方からルームメイトと2人で買い物にでかけました。当初の目的はセラピーで使う小道具(私たちは子供の言語のセラピーを勉強しているのでその教材) を買いに行くことにしていたのですが、一緒に行くはずだったもう1人の友達が行かなくなったので、2人のショッピングは普通の「女の子」のショッピングとなりました。場所はとなり町の「アクロン」です。車で20分くらいです。

アメリカで買い物に行く場合、大きく2つの場所に分かれます。食品を買いに行くか、その他のものを買いに行くか。

アメリカでは、日本の百貨店やショッピングセンターに当たるものを "mall" (モール)と呼んでいます。ここにはいろんなお店が並び、フードコートなんかもあり、簡単な食事もできます。大きな映画館が隣接しているところもあります。普通は中央に「ウイング」(日本の商店街みたいなもんです。でも建物の中にあります)があり、その先端に百貨店(例えばこちらでいうと、JCPenneySears)の「ような」ものがあります。「ような」と書きました が、日本のような百貨店はアメリカではかなり都会に行かないとお目にかかれません。普通は高くて2階建てです。つまり敷地面積が広大なのです。これは日本とアメ リカの土地価格の差によるもですね。駐車場もだだっ広いです。モールには、本屋、 服屋、靴屋、化粧品屋(こんな表現しかできなくてすいません)、その他色々なお店が入っているので見ているだけでも楽しいです。

私たちは昨日 Victoria's Secret へ入り、ワゴンセールの1ドルまでに値下がりしていた下着を買いました。税金込みで$1.58でした。でもちゃんと包装紙に包んでくれて、かわいい紙袋に入れてくれたので、ルームメイトと2人で「これって中身より外のほうが高いんじゃない?」と恐縮してしまいました。

税金ですが、日本の 消費税のようなものを「州税」と言い、州によってパーセンテージが違います。ちなみにオハイオ州は6%です。「わ~、日本より高い」(日本の消費税はまだ5%ですか?)と思われるかもしれませんが食品は無税です。

よく観光のガイドブックに、日本の百貨店の店員さんとアメリカの店員さんを比較したものがありますよね。日本の店員さんはやたらにくっついてきて、あれやこれやと世話を焼いてくれるが、アメリカではほったらかし…などと。アメリカでも「この辺りの人」はいろいろ話しかけてきます。「こんにちは。お元気? 今日はどんなものをお探しかしら?」てな感じです。「この人知り合いやったっけ?」と思うくらい、 愛想ふりふりで挨拶してくれます。これがアメリカ的なのです。でもこちらが、「いえ、見てるだけですので」というと「用があったらいつでも言ってね」とどこかへ行ってしまいます。

ルームメイトはバスローブを探していたのですが、結局値段が手ごろなのが見つかりませんでした。1ついいのを見つけたんですが、半額だと思ってレジへ行ったら、実は1つ買って2つ目はタダ、つまり半額ってわけです。その字が小さく書かれていて、ルームメイトは諦めました。

アメリカにはこの手の「商法」が多いです。"Get one, free one" です。つまり半額ってことなんですが、2つ目を買わないと半額にならないのです。これはどんな商品にも適用されます。あと、アメリカ人は端数が「99」というのが好きなようです。日本で言うところの「~キュッパ」です。端数が99セントで終わっているものをよく見かけます。

さて、私たちはモールをあとにして食料品を買いに行くことにしました。この場合は "grocery store" (グロスリーストア)へ行きます。つまりスーパーマーケットです。大きなグロスリーだとモールのように色々なお店が近くにあって、これまた中央に広大な駐車場があります。

アメリカのスーパーマーケットはとにかく何でも大きいです。日本で「スーパーマーケット」というのがありますが、「どこがスーパーやねん」といつも思います。まずカートが「でかい」。日本にあるようなかごもあるにはありますが(なぜかこれは日本のものより小さい)、これで買い物をする人はほとんどいません。で、陳列棚の高さがものすごく高いです。私の身長(160cm)では一番上の物は手が届きません。棚と棚との間は広く、この大きなカートが十分2つ通れるようになってます。カートをごろごろ転がして、目的の物だけ買おうと思っていても、ついつい他の物に目が行き、余分に買ってしまうのは私だけですか?

あ~、また長くなってきたので、続きはまたの機会にします。ではまた。【第21話へ】

ELS 一覧

ELS 一覧

サブコンテンツ

おすすめのサービス/情報

このページの先頭へ